IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ワークデイ株式会社

製品資料

ワークデイ株式会社

失敗しない基幹業務アプリのクラウド移行、3つの選択肢からどれを選ぶべき?

企業におけるクラウド利用が年々増加する中、基幹業務アプリケーションのクラウド移行も進んでいる。だが、そのメリットを最大限に享受するには、まずは基盤となるアーキテクチャの特長を把握し、最適なアーキテクチャを選ぶことが重要だ。

コンテンツ情報

公開日 2019/03/20 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 1.71MB

要約

 基幹業務をはじめとするアプリケーションのクラウド移行には、コスト抑制や柔軟な運用といったメリットがある。そのクラウド移行の鍵となるのが、クラウドサービスやアプリの基盤となるアーキテクチャだ。しかし、アーキテクチャの種類によって大きな違いが生じるため、それらの特長はもちろん、アプリの機能やパフォーマンスに与える影響を理解しておくことが重要だ。

 そこで本資料では、従来のオンプレミスデプロイメントを指す「レガシー」、アプリとデータストレージを完全にクラウド上で実装する「クラウドネイティブ」、そしてレガシーとクラウドネイティブの「ハイブリッド」の3つのアーキテクチャの違いとそれぞれの特徴を解説する。

 これらクラウド化のメリットを享受することで、情報へのアクセス性や業務効率の改善、生産性向上といったさまざまな効果が期待できる。まずは本資料を基に3つの選択肢を理解・比較し、自社における最適解を探ってほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。