IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ServiceNow Japan 株式会社

製品資料

ServiceNow Japan 株式会社

IT運用管理の“悪循環”の原因、サイロ化と属人化を一挙に解消する方法とは?

IT予算の8割以上が現行業務を回すことに費やされ、デジタル変革に手を付けられないケースが多い昨今。この現状を打破するには、複数の管理ツールによるサイロ化と、アラート対応の属人化という、運用管理の2大課題を解消する必要がある。

コンテンツ情報

公開日 2019/03/18 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 928KB

要約

 ある調査によると、IT予算の8割以上が現行業務を回すことに費やされており、デジタル変革に手を付けられないケースが増えているという。これは主に、複数の管理ツールの導入によるサイロ化と、アラート対応の属人化という2点が原因で、それにより障害対応が後手に回り、ひいては運用チームの疲弊やビジネス停滞という悪循環が生まれている。

 こうした状況を変えるのが、構成管理データベース(CMDB)を中核に据え、管理下のハード/ソフトの依存関係など、インフラ構成を可視化し、定期的に自動取得・更新する運用管理システムだ。これにより、システム障害発生時の復旧処理や、関係者間の承認や連携といったワークフローの自動化、さらには影響範囲の特定などを、エンドツーエンドで実行できるようになる。

 また膨大なイベント/アラートに対しても、機械学習を使用して本当に必要なものだけをグルーピングして抽出するため、運用担当者の労力は削減され、より戦略的な業務に集中できるという。本コンテンツで、その実力を詳しく確認していこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。