ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

横河レンタ・リース株式会社

製品資料

横河レンタ・リース株式会社

社内PCは「所有」から「利用」へ 価値観の転換でWindows 10移行を推進する

社内PCのWindows 10への移行は、多くの組織にとって急務だ。しかし移行には、互換性とコストに対する懸念がつきまとう。懸念を解消し、移行を円滑に進めるためには、PCを「所有」型から「利用」型へと転換することも有効な策といえる。

コンテンツ情報

公開日 2019/03/15 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 355KB

要約

 2020年1月、Windows 7は延長サポート期限を迎える。サポート切れOSを使い続けることには大きなリスクが伴うため、組織にとって、最新OSであるWindows 10への移行は急務といえる。しかし、OSの移行にはアプリケーションの互換性、コストといった壁が立ちはだかるのも現実だ。

 さらに、Windows 10では年2回の大型アップデートが自動提供されるため、移行後の運用管理負荷が増大することが懸念される。こうした諸課題を解消するためには、PCを自社で運用する「所有」という考えから脱却し、Windows 10の運用支援・サポートが付いたPCを「利用」するという、価値観の転換も選択肢に入れておきたい。

 本コンテンツでは、PC運用を「所有」型から「利用」型へと転換するWindows 10に最適な運用付きのサービスモデルを紹介する。同サービスでは必要な時に最新OSが動作するPCを使用でき、OSの更新管理負荷もない。定額制なのでPCコストの可視化も容易になり、組織の生産性を大きく向上するだろう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。