IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ServiceNow Japan 株式会社

事例

ServiceNow Japan 株式会社

インフラ業務自動化で仮想マシンのデプロイを迅速化、ケイ・オプティコムの秘策

関西で電気通信サービスを展開するケイ・オプティコムでは、新規事業をスピーディーに展開すべく、ITインフラのアジリティ向上に取り組んだ。「インフラ業務の自動化」を目指し、同社が選んだITソリューションとは。

コンテンツ情報

公開日 2019/03/13 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 3.14MB

要約

 関西電力の子会社として、通信サービスを提供するケイ・オプティコム。同社では、IoTやMVNOなど先進的な事業を急ピッチで展開していくに当たり、ITインフラのアジリティをさらに高めるため、システムごとの手作業から脱却し、リソースを即時提供できる仕組みが必要だった。

 そこで取り組んだのが、「インフラ業務の自動化」を目指すプロジェクトだ。同社は、仮想マシンの自動デプロイはもちろんのこと、より広範なITサービスマネジメントが可能なソリューションに着目。ロードバランサーのノード切り離し/組み込みなどの実現可否検証では、内製作業のみで全フローを構築し、1カ月でアプリケーション基盤へ実装できることが分かり、自動化の手応えをつかんだ。

 そのITソリューションの正式導入後は、承認プロセスや基盤作業者との調整時間を圧縮でき、仮想マシンのデプロイにかかる時間は1カ月から2営業日に短縮された。それ以外にも、バックアップ取得や仮想マシンのリソース増強も迅速化されたほか、申請書管理の効率化など、運用面でもさまざまな効果が得られたという。ソリューション選定の決め手や導入効果について、本資料で詳しく見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。