IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

日本アイ・ビー・エム株式会社

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

AI活用を阻むサイロ化を解消、「データアーキテクチャ」策定のヒント

ビッグデータ分析やAIが普及する一方、データのサイロ化が壁となり活用を進められない企業は多い。そこで対応策として注目されるのが、「データアーキテクチャ」の策定だ。その具体的な手順や、利用促進のための要件を解説する。

コンテンツ情報

公開日 2019/03/08 フォーマット URL 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ -

要約

 CIO(最高情報責任者)の8割が既に着手しているといわれるほど、AIやビッグデータ分析の注目度が増している。しかし多くの企業は、運用効率化や情報の全社共有といったステップにとどまり、セルフサービス分析や新たなビジネスモデルの構築といった段階に進めずにいるという。その主な原因が「データのサイロ化」だ。

 マルチクラウドの普及で深刻化するサイロ化を解消するには、データの組織化を指す「データアーキテクチャ」の策定が有効となる。多様なプラットフォームで稼働するシステムからのデータの「収集」を第一歩とし、活用の下準備にあたる「整理」や「整形」を経て、データサイエンスに基づく「分析」に進む。その高度化により、AIのビジネスプロセスへの組み込みが初めて可能になる。

 そして、こうした取り組みを進めるに当たり、利用促進の鍵となるのが「オープンソース」「マルチクラウド」「AI」という3つの要件を満たす環境の整備だ。本コンテンツでは、ベンダーロックインを回避しつつ、あらゆる環境で誰もがデータを使いこなすためのフレームワークについて解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。