IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

インフォテリア株式会社

技術文書

インフォテリア株式会社

基幹業務としてのマスターデータ管理 見えてきた日本企業における現実解

マスターデータ管理(MDM)の基礎から、米国のMDM事情までを解説。

コンテンツ情報

公開日 2011/02/04 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 2.84MB

要約

基幹業務としてのマスターデータ管理 見えてきた日本企業における現実解
「データが資産」と言われるようになって久しい。特に顧客や商品、仕入れ先などの重要な基本情報を記したマスターデータについては、「マスターデータ管理(MDM:Master Data Management)」の名の下、品質維持・向上に向けて以前からさまざまな取り組みが続けられている。しかし、ITで効率化する業務領域が広がるにつれて、これまでのMDMに限界が見えてきた。そうしたなかMDMの現実解として脚光を浴びつつあるのが、「マスターハブ型MDM」である。

本稿は次の3点を説明する。まず1点目として、マスターハブ型に至るMDMの潮流を米国のケースを基に解説する。2点目として、マスターハブ型のMDMの全体像を紹介する。
そして3点目として、日本におけるMDMの現状と進むべき方向性について述べる。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。