ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社日立製作所

製品資料

株式会社日立製作所

HCI運用に効果的な機能とは? 長期運用に向けた効率化/自動化のポイント

ハイパーコンバージドインフラは拡張性に優れるだけに、長期運用をすれば構成や運用が複雑化しがちだ。その解消を図るなら、構成管理やリソース活用の最適化、障害分析など、長期的な視点で運用を効率化する機能を実装すればいい。

コンテンツ情報

公開日 2019/02/18 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 23ページ ファイルサイズ 1.6MB

要約

 インフラを最適化するハイパーコンバージドインフラ(HCI)といえども、管理対象が増え続ければ、業務負荷も増大していく。こうした事態を避けるには、業務からハードまでを関連付け、リソース利用状況を自動収集・可視化する機能が必要だ。加えて、サーバや仮想化層だけでなく、各部署やプラットフォーム層が相互に与える影響も可視化し、異常の発生やボトルネックを迅速に把握できるようにしたい。

 さらにポイントとなるのがオペレーションの自動化だ。仮想マシンの起動・追加・停止・デプロイ、vCenter Server経由での仮想マシンのスクリプト実行など、運用で頻出するオペレーションを自動実行できれば、運用の効率化だけでなく作業ミスの防止も図れる。実際、これらの機能を実装したHCIの導入により、リソース利用状況集計の作業工数を15%も削減できた事例もある。

 本資料で紹介するのが、こうした長期的な運用を見据えたVMware向けHCIソリューションだ。高度な運用管理機能は、前述の課題の他にもバックアップや、既存システムとの統合的な運用管理など、総合的な効率化を実現してくれる。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。