ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

ネットアップ合同会社

製品資料

ネットアップ合同会社

クラウドの即応性を自社運用で――ソフトウェア定義型ストレージ選びのポイント

クラウドストレージへの移行をためらう企業が挙げる、コストや規制の課題。これらを解消するのが、任意のハードウェアに導入でき、クラウドと自社運用のメリットを享受可能なソフトウェア定義型ストレージサービスだ。

コンテンツ情報

公開日 2019/02/07 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 247KB

要約

 ITの即応性を高めるため、容量の増減が容易なクラウドストレージへの移行を考える企業が増えている。しかし、データ保持に関する規制やポリシーによりオフサイト保存が禁じられていたり、クラウドへのデータの出し入れに多くのコストがかったりするようなケースでは導入することができない。

 こうした課題を解消するのが、SSDやHDD、ハイパーコンバージドインフラなど任意のハードウェアに導入できる、ソフトウェア定義型ストレージサービスだ。これにより、クラウドストレージの即応性や柔軟性と、自社運用ストレージの耐障害性やローカル保存といったメリットを、同時に享受できる。また容量はノード単位でライセンスされるため、柔軟に増量でき、コストを増やさず生産性を高めることが可能だ。

 本コンテンツではその中でも、NASとSANの両ワークロードに対応し、エンタープライズクラスのデータ削減/保護機能を提供する、ソフトウェア定義型ストレージサービスを紹介している。システムを止めることなく、ハイブリッドクラウド全体でのデータ移動やレプリケートが容易な点にも注目してほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。