ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本アイ・ビー・エム株式会社

レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

IT環境の複雑化に惑わされない、トップ企業のテクノロジーサポート戦術を学ぶ

複数のデバイスやプラットフォーム、管理対象ベンダーの混成などによるIT環境の複雑化に伴い、テクノロジーサポートの課題も顕在化している。そうした中、トップリーダー企業はどうサポート戦略を確立し、優位性を獲得しているのか。

コンテンツ情報

公開日 2019/02/01 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 662KB

要約

 IT環境の運用に不可欠なテクノロジーサポート。特に止められない重要な基幹業務のユーザーにとっては、パッチの適用、システムやアプリケーションの更新といった保守サポートはシームレスである必要がある。しかし近年では、ITプロフェッショナルが直面するタスクは、より困難になっているという。

 その原因は、複数のデバイスやプラットフォーム、管理対象ベンダーの混成、BYODの普及などによる、IT環境の複雑化だ。実際、ある調査によると、91%の組織が3種類以上のカテゴリーのデバイスやプラットフォームをサポートしており、その上で54%がそのサポートのために6社以上のベンダーを採用しているという現実がある。その管理だけでも時間とコストをどれほど費やすだろうか。

 こうした困難な状況にもかかわらず、トップリーダー企業は、テクノロジーサポートに関する従来の「後手の考え方」を脱却し、ビジネス上の優位性を獲得しているという。本コンテンツでは、300人以上のITプロフェッショナルを対象にした調査から、企業が直面しているIT部門の運用保守課題を浮き彫りにするとともに、トップリーダー企業が実践している4つの戦術を紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。