ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

Webキャスト

ソフトバンク株式会社

Webキャスト

ソフトバンク株式会社

建設業の運用管理はクラウドでどう変わる? 熊谷組の事例に見る多様なメリット

総合建設業の熊谷組では、運用管理コストの構造見直しのため、基幹システムをクラウドに移行した。その同社が選んだクラウドサービスと、移行がもたらした数々のメリットとは、どのようなものだったのか。

コンテンツ情報

公開日 2019/01/29 フォーマット URL 種類 Webキャスト
ページ数・視聴時間 2分40秒 ファイルサイズ -

要約

 黒部ダムや青函トンネルなど幅広い分野で実績を上げる、総合建設業の熊谷組。同社では、オンプレミスで運用してきたシステム運用コストが増大し、コスト構造の見直しが迫られていた。

 そこで、オンプレミスのサーバ機器などのライフサイクルに伴う更新作業からの脱却を目指し、基幹システムのクラウド移行を選択。かねて利用してきた仮想化基盤のノウハウが継続して活用できる点を評価し、ソフトバンクが提供するVMware vSphereベースのIaaSを選定。その後、同サービスの国内提供終了とともに、後継となるサービスへ移行することを決定した。課題解決力の高さと、移行期限を厳守してもらったことに信頼を置いての移行だった。

 移行後は、専有型の契約形態でDB系サーバのライセンス費用を圧縮するなどによりTCOを削減できたほか、運用面の改善や可用性向上など、さまざまな効果を感じているという。そうした同社の取り組みについてコンパクトにまとめた本動画で、導入効果を詳しく見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。