IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

株式会社ネットワールド

事例

株式会社ネットワールド

導入コストを抑えて性能向上、中外テクノスの仮想化基盤用ストレージ刷新術

総合検査会社の中外テクノスでは、インフラ整備のためシステムを全面仮想化。しかし、運用するに従いストレージの性能や容量に不満を抱き、刷新を決意した。導入コストを抑えつつ、レスポンスや拡張性の向上を目指した同社が選んだのは?

コンテンツ情報

公開日 2019/01/30 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.32MB

要約

 大気/水質などの環境調査や製造業向けの材料試験をはじめとした、さまざまなサービスを提供する総合検査会社である中外テクノス。同社はそれら多彩なサービスを支えるインフラ整備・拡充にも積極的に取り組んでおり、2012年にシステムを全面仮想化。今ではほぼ全ての業務システムを仮想化基盤上で動かしている。

 しかし、運用を続けるに伴い、その仮想化基盤用ストレージのパフォーマンスが課題となってきた。まず性能面で、旧環境では通信速度が1Gbpsであったためデータ転送に遅延が発生しており、メンテナンス作業も満足に行うことのできない状態だった。また容量にも余裕がなく、サーバ増加などシステム拡張への対応も難しかった。

 そこで同社は、仮想化基盤用ストレージの刷新を決意。性能面だけでなく、操作性の良さや、IT投資の最適化という観点から導入コストも重視し、ユニファイドストレージを選択した。新たなストレージの導入により実際にどのような効果が得られたのか、本コンテンツで詳しく見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。