ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社イージフ

事例

株式会社イージフ

30種の文書タイプの一元管理、親子属性の保持も可能な管理基盤の構築に成功

全国約300箇所に展示場を持つ国内大手ハウスメーカーでは、本社と各会場との間で効率的に情報共有を行う基盤を必要としていた。約30種類の文書タイプを一元管理し、情報配信機能も持つ文書管理システムを、同社はどのように構築したのか。

コンテンツ情報

公開日 2019/01/24 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 409KB

要約

 ある国内大手ハウスメーカーでは、本社と全国約300カ所の展示場との情報共有基盤の見直しに迫られていた。同社で共有する文書には約30種類ものタイプがあり、しかもそれぞれが「件名」「担当者」といった異なる属性情報を持っていた。将来的には文書タイプのさらなる追加や、既存文書タイプへの属性追加などが行われる可能性もあるため、多彩な文書タイプに柔軟に対応できる文書管理基盤が必要だった。

 また、従来利用していたグループ用ミドルウェアの掲示板データベースでは、親文書と添付ファイルという親子関係を持つ文書タイプもあり、その構造も保持してのリプレースが求められていた。

 このような複雑な条件下で、同社はどのように新しい文書情報基盤を構築したのだろうか。単なる文書の一元管理だけではなく、通知文書の開封をユーザーに促すような、情報配信機能を有する基盤構築に成功した、同社の事例に迫る。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。