ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

トレンドマイクロ株式会社

レポート

トレンドマイクロ株式会社

調査データで見る、官公庁・自治体のセキュリティ対策と法規制対応の実態

攻撃者による個人情報漏えいの危機にさらされる官公庁・自治体。その被害額は前年比横ばいながら、依然として高い水準にある。セキュリティ対策とともに、各種法規制へ対応が急務となっている官公庁・自治体の現状をレポートから読み解く。

コンテンツ情報

公開日 2019/01/23 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 20ページ ファイルサイズ 8.74MB

要約

 サイバー攻撃や新たな法規制、ガイドラインへの対応に苦慮しているのは、一般企業だけではない。トレンドマイクロのセキュリティ実態調査によると、官公庁や自治体も同様の状況で、住基ネットワークやマイナンバーといった、公的機関ならではのシステムへのセキュリティインシデントも頻発しているという。

 その被害の中でも多いのが、個人情報、業務提携先情報の漏えいだ。また、ランサムウェアやビジネスメール詐欺といった比較的新しい攻撃手法による被害も報告されている。こうした重大被害の発生率こそ前年比横ばいとなっているが、年間被害額の平均は2億9721万円、1000人以上の組織では3億円を超えるなど、極めて深刻だ。

 自治体情報システム強靱化の取り組みは進んでいるものの、セキュリティインシデントとそれに伴う被害は後を絶たない。今後、官公庁や自治体はどのようにセキュリティ強化に取り組めば良いのか。調査結果を基に対策の手掛かりを探る。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。