ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本ヒューレット・パッカード株式会社

事例

日本ヒューレット・パッカード株式会社

コアアプリケーションとDBを高速化、GABAの成長を支えるオールフラッシュとは?

英会話スクールを運営するGABAでは、独自開発のコアアプリケーションをはじめとするシステムパフォーマンスの向上が課題となっていた。その実現のために同社が採用した、新たなオールフラッシュアレイの特長と導入効果とは?

コンテンツ情報

公開日 2019/01/21 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 743KB

要約

 マンツーマン特化型の英会話スクールを運営するGABAは、2015年から自社のあらゆるITプロセスを改革し、成長基盤を強化するプロジェクトに取り組んできた。中でも特に重視されたのが、ビジネスの中核を担う仮想化基盤の処理性能を強化することだった。

 その理由は、受講者専用サイトやオンライン教材といったコアアプリケーションなどを独自開発し、自社内でシステム構築と運用を行うことへのこだわりにあった。また、これをオンプレミス環境で実践することも課題となっていた。こうしたニーズに高いレベルで応え、なおかつ即効性を期待できるものとして導入されたのが、新たなオールフラッシュアレイだ。

 このストレージの高いパフォーマンスや優れた耐障害性により、同社は独自開発のコアアプリケーションとMicrosoft SQL Server 2014の高速化を実現。さらにVMware vSphere Virtual Volumes(VVOL)との連携により、アプリケーションごとのサービスレベル管理なども可能になったという。本コンテンツでは、英会話スクールの全国展開とさらなる成長戦略を支える、オールフラッシュの魅力を詳しく紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。