IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本アイ・ビー・エム株式会社

講演資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

クラウド時代にNotesユーザーが進むべき方向とは?

ワークスタイルや情報インフラがますます多様化するクラウド時代に、価値を最大化できる次世代のコラボレーション環境とは何だろうか。Lotusが掲げるクラウド戦略にその答えがあるかもしれない。

コンテンツ情報
公開日 2010/11/30 フォーマット PDF 種類

講演資料

ページ数・視聴時間 139ページ ファイルサイズ 9.09MB
要約
 クラウドコンピューティングは、企業ITの在り方を大きく変える可能性を秘めているが、それを活用して企業価値を高めるには、社員同士のコラボレーション環境も変わっていかなければならないだろう。

 社員のワークスタイルの多様化に伴い、ユーザーが活用する情報やデータ、そして利用場所、ツールも多岐にわたっている。以前のように一律的なコラボレーション環境を展開すると、あるユーザーには複雑過ぎる一方で、あるユーザーには機能が不足するという事態が起きてしまう。多様化するワークスタイルに対応するために、コラボレーション環境は今後どのような道に進むべきだろうか?

 これまで長らく、Lotus Notes/Dominoで企業に価値を生み出すコラボレーション基盤を提供してきたIBM Lotus Software。本ホワイトペーパーを読めば、オンプレミスだけでも、クラウドだけでも実現できない、新しいコラボレーション環境のあるべき姿が見えてくる。