ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

アドビ システムズ 株式会社

製品資料

アドビ システムズ 株式会社

集めた顧客データをどう使う? 適切なチャネル&コンテンツを選ぶ3つの留意点

企業とやりとりする方法を消費者が選ぶ昨今では、多様な顧客接点から発生するデータを有効活用し、一人一人の好みや行動を把握することが欠かせない。適切なチャネルで適切なコンテンツを提供するための「3つの留意点」を紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2018/12/19 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 521KB

要約

 顧客接点が多様化している現代、企業にはあらゆる顧客接点からのデータを集約し、顧客の行動をいち早く察知して購買につなげることが求められている。つまり、クロスチャネルに対応して、適切なタイミングと方法でスムーズにサービスを提供できるよう、準備しておく必要があるということだ。

 そこでまず1つ目のステップとなるのが、「マーケティングデータの合理化」だ。複数のチャネルから発生するデータを集約し、顧客プロファイルを構築することで、顧客をより総合的に把握できるようになる。そのデータを生かし、2つ目となる「顧客セグメンテーション」を行うことで、一人一人の購買ライフサイクルにあわせたコミュニケーションが可能になる。

 そうしたステップを経ていよいよ3つ目の「クロスチャネルで顧客を導く」ことが実践できるわけだが、そこではオンライン/オフラインの両方でパーソナライズされたメッセージを、いかに効率よく届けるかが重要なポイントとなる。本コンテンツではこのように、顧客とのつながりを強化するための3つのステップについて、事例を交えつつ実践の秘訣を詳しく解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。