ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

F5ネットワークスジャパン合同会社

事例

F5ネットワークスジャパン合同会社

Webアプリケーション基盤をクラウドへ移行、セキュリティ懸念をどう解消する?

オンプレミスと同様の高度なアプリケーション保護をクラウドでも実現できるのか。多様なオンラインサービスを提供するゴルフダイジェスト・オンラインが、仮想化基盤のクラウド移行を機に、懸念解消に取り組んだ事例を紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2018/12/14 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 409KB

要約

 ゴルフダイジェスト・オンラインでは、ゴルフ用品のインターネット販売やゴルフ場の予約サービスなど多様なオンラインサービスを、オンプレミスの仮想化基盤で運用してきた。だが、2017年に仮想化基盤の製品サポートが終了することが分かり、同社ではシステムをAmazon Web Services(AWS)へ移行することを決定する。

 ハイブリッドではなく、クラウドへの完全移行を決めたのは、固定資産の削減やストレージ容量上限からの解放、迅速性などを考慮した結果だった。ただし、懸念となったのがAWSの標準機能では困難なアクセス先の振り分け、インスタンスごとのIPアドレス制限の厳しさ、何よりセキュリティだ。そこで同社が注目したのが、パブリッククラウドにも導入が容易な仮想アプライアンスのロードバランサーだった。

 本コンテンツでは、同社の事例からスムーズなクラウド移行のポイントを紹介する。AWSのメリットを引き出すのはもちろん、標準機能で解決しがたい課題を解消するための実践的な指針となるだろう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。