ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本情報通信株式会社

レポート

日本情報通信株式会社

脆弱性対策の勘所、パッチの“適用漏れ”をなくすために必要な対策とは?

サイバー攻撃対策の基本となる「脆弱性対策」においては、ソフトウェアベンダーが提供するセキュリティパッチを対象PCやサーバに“漏れなく”適用することが重要だ。そのためには、パッチ配信の他にも重要なポイントがあるという。

コンテンツ情報

公開日 2018/12/11 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 860KB

要約

 ランサムウェアなどのマルウェアをはじめ、激化の一途をたどるサイバー攻撃。その被害を防ぐ基本となるのが「脆弱性対策」だ。OSやアプリケーションの脆弱性は頻繁に発見されており、対策となるパッチが提供される時点ではその情報も公になるため、攻撃者にとっては格好の標的となってしまう。

 そのため、脆弱性対策においては、ソフトウェアベンダーが提供するセキュリティパッチを、対象PCやサーバの全てに“漏れなく”適用することが重要になる。その手段としては、パッチ配信の最適化はもとより、運用状況を一元的に管理したり、重要なパッチが適用されていない端末をインターネットから一時的に隔離したりといった仕組みづくりも求められる。

 そこで活用したいのが、IT資産管理/エンドポイント管理といったジャンルのソフトウェアだ。本コンテンツでは、これらのソフトの重要性を解説するとともに、PCやサーバにパッチを確実かつ容易に適用できる“自動化機能”を備えた製品を紹介する。1台の管理サーバで、数十万台のクライアントの運用状況をリアルタイムで可視化できるため、コンプライアンス面でも有用だ。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。