ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

Panaya Japan 株式会社

レポート

Panaya Japan 株式会社

大和ハウス工業がSAP ERPの運用作業をバックオフィスに任せられるワケ

大和ハウス工業では、自社と国内グループ会社30社以上にSAP ERP導入しているが、属人化していた運用業務の一部をテンプレート化、自動化することでバックオフィスへ業務移管することができ、IT部門の業務負荷を低減している。

コンテンツ情報

公開日 2018/12/10 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 705KB

要約

 大和ハウス工業では、2012年にSAP ERPを導入して以降、国内のグループ会社にも展開を行い、現在は30社以上が同ERPを導入している。しかし、日々の保守運用では、定型作業が属人化していることが課題であった。

 そこで同社ではある専用ツールを導入することにより、その運用保守に関する業務を手順化することを試みた。自動キャプチャー機能での作業証跡記録による作業品質の均一化や、自動文書化機能などによる作業マニュアル作成など、さまざまな機能を用いることで、従来の定型作業の属人化を排除。これによって、社員が行っていた業務の一部をバックオフィスに移管でき、社員により重要な業務を担当させることが可能になったという。

 大和ハウス工業が用いるこのツールでは、SAP ERPのグループ展開時のテンプレート化や自動化などにも貢献し、テスト作業など多くの業務の負荷低減を実現している。SAP ERPユーザーにとっては注目すべきソリューションだ。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。