ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

SAPジャパン株式会社

レポート

SAPジャパン株式会社

職場と人事の将来~日本の場合~ ミレニアル世代で職場と人事はどう変わる?

Oxford Economics 社が実施した調査では、人材開発、ミレニアル世代の役割、組織におけるリーダーシップの強化や、スキルギャップなどのトピックに関して日本の従業員と経営幹部が考える将来の姿を予測しており、この資料では洞察の要約を提供する。

コンテンツ情報

公開日 2018/12/06 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 1ページ ファイルサイズ 369KB

要約

 従業員における主流が、2000年以降に社会人となったミレニアル世代となり、職場や人事といった労働環境は変化し続けている。実際、調査会社による従業員調査では、ミレニアル世代と非ミレニアル世代が重要視するポイントの違いが現れている。報酬を重視する傾向が一層強まった一方で、社会貢献への意欲が高いという特徴が浮かんできた。

 この世代交代を受けて、企業の職場へのアプローチにも変化が求められる。従業員のニーズの中でも、福利の総合的な充実やキャリア開発機会の定義、トレーニングや教育を受ける機会の増大は、最重要事項だ。企業が既に提供している、新たなスキル開発に挑めるトレーニングプログラムや従業員の家族を対象とした福利厚生などと併せて取り組んで、従業員のロイヤリティーやエンゲージメントを高めていきたい。

 中でも重要となるのが、スキルギャップの解消だ。本資料では調査から判明した、職業開発教育で取り込むべきポイントや、現時点と3年後における必要なスキルの変化を明らかにしている。将来を見据えた人材確保のために、ぜひ一読してほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。