ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本アイ・ビー・エム株式会社

レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

頻発するID詐欺、意識調査で見えた「認証の未来」 バイオメトリクスを考える

過去6年間で1120億ドルもの被害が発生しているID詐欺が、認証の在り方に変化をもたらしている。生体認証が一般化しつつある現在、ユーザーがセキュリティと利便性をどのように捉えているのかが分かる資料を紹介しよう。

コンテンツ情報

公開日 2018/12/03 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 27ページ ファイルサイズ 711KB

要約

 IDに関するセキュリティの意識に変化が見え始めている。近年では指紋や顔といった生体認証のほか、PINやプライベートな質問などの多要素認証オプションも、一般に受け入れられるようになってきた。

 利用者の意識として金融関連などの認証ではセキュリティを重んじるようになっている。一方で、ソーシャルメディアの利用では利便性が重要視される。FacebookやTwitter、Googleなどのアカウントを使用して認証を行うサービスも多いため、この傾向は懸念せざるを得ない。

 認証方式に対する考え方については世代や国によって違いがあることも分かっているが、変わらないのはセキュリティが破られて発生するリスクに対する心配だ。サービスを提供する側としてはデザインを考慮する上でユーザーの意識が利便性とセキュリティのどちらを選択するかといった情報は踏まえておきたい。

 本コンテンツは、バイオメトリクスなどの多要素オプションへと移行しつつある認証に対する、利用者の意識調査レポートだ。世界の人々が、認証の重要性をどのように考えているのかが分かる資料となっている。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。