ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

トレンドマイクロ株式会社

事例

トレンドマイクロ株式会社

侵入を前提とするセキュリティ対策、金融・保険業界が選んだ「多層防御」とは

昨今のサイバー犯罪動向や金融庁の指針から、金融・保険業界では脅威の侵入を前提とした対策が求められている。PCI DSS要件への対応や標的型メール攻撃への対策などの課題を解消し、「多層防御」を実現した11社の事例を紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2018/11/30 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 2.73MB

要約

 金融・保険業界においては、昨今のサイバー犯罪動向や金融庁の指針から、脅威の侵入を前提とした対策が求められている。標的型メール攻撃では添付されたマルウェアを誤って開封するリスクはゼロにできないため、システムの出入り口での検出能力を強化する必要があり、サイバーリスクやPCI DSS要件に対応するため、サービス基盤の刷新に踏み切る企業も少なくない。

 こうしたセキュリティ強化においては、入り口・出口・内部対策による「多層防御」でのネットワーク可視化が重要となる。また実際の運用においてはパターンファイル配布に伴うネットワークへの影響をできる限り抑え、動作検証や更新の作業工数で業務を阻害しない、運用を効率化できる製品選びが必要だ。

 本資料では、このような課題を抱えていた金融・保険業界11社による、セキュリティ製品の導入事例集となっている。企業ごとに異なる課題、導入製品、導入効果をまとめてあるため、他の業界におけるセキュリティ対策の参考資料にもなるだろう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。