ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本アイ・ビー・エム株式会社

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

もう限界、複雑なマルチベンダー環境の運用。その複雑さを簡単にする方法とは?

異なるベンダーのクラウド、サーバ、ネットワーク、OS、アプリケーション。今日のITインフラは複雑さを極め、運用の負荷も増大している。この問題を解決するのが、マルチベンダー対応のシステム運用保守サービスだ。

コンテンツ情報

公開日 2018/11/29 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 1ページ ファイルサイズ 563KB

要約

 テクノロジーの進化は、IT環境の最適化・高度化を推進し、ビジネス変革を強力にサポートする。一方で、マルチベンダーIT環境が当たり前になった昨今、課題となっているのが、異なるベンダーのクラウド、サーバ、ネットワーク、OS、アプリケーションなどの運用管理だ。

 ある調査によると、CIOの82%が、5年後は現在よりもIT環境がいっそう複雑になると見込んでいるという。現状でも、ハードウェアとソフトウェアのパフォーマンスチューニングやパッチ適用といった運用管理に、1ヶ月あたり最大2日が費やされていることがわかっている。さらなるIT環境の複雑化は、ITシステムの運用保守の負荷増大に拍車を掛けることになるだろう。

 このように、多くのIT部門で課題となっている複雑化を極めるIT環境の運用管理を強力に支援するのが、マルチベンダー対応のシステム運用保守サービスだ。マルチベンダーのハード/ソフトなどシステムの障害窓口と契約を一本化し最適化することで、システムの運用コストが20%削減される例もあるという。詳しいことは、資料で確認してほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。