IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

日本アイ・ビー・エム株式会社

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

複雑なIT環境の課題。障害対応の迅速化と負荷軽減+コスト削減は両立できる?

システムダウンによる被害の拡大を防ぐには障害対応の迅速化が欠かせないが、昨今のマルチベンダー環境では実現が難しい。現代のシステム運用保守の問題と解決策について、3つのテーマを基に解説する。

コンテンツ情報

公開日 2018/11/29 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 1.17MB

要約

 ハイブリッドクラウド環境など高度にIT化されたシステムでは、運用保守にかかる責任は大きい。システムのトラブルによるダウンタイムの発生は、組織にとって致命傷ともなり得るからだ。

 ある調査によると、システムダウンの被害は1分当たり55万円を超えることがあるが、重大なシステムダウンが継続する時間は、平均7時間半以上にも上っているという。こうした現状を打破するには障害対応の迅速化が欠かせないが、昨今の複雑なマルチベンダー環境ではトラブルシューティングに時間がかかり、またIT部門の負担も増大してしまう。

 本コンテンツではこのように、現代のシステム運用保守の問題点について、3つの質問を基に解説している。「休日出勤時のシステムトラブル」「システム障害に起因した顧客情報の漏えい」「コスト削減とIT運用保守管理の最適化の両立」という、多くの企業が抱える課題をどう解決していけばいいのか。本資料を読んで考えてみてほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。