IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

富士通株式会社

講演資料

富士通株式会社

Oracle DBとオープン技術を融合、SoRとSoEをつなぐクラウド基盤の実力とは?

AIやIoTの普及によりクラウド化が加速する中、業務にあわせて自社でコントロール可能なプラットフォームが求められている。定番のOracle DBやオープン技術の融合により、SoRとSoEの自由な連携を実現するクラウドサービスとは?

コンテンツ情報
公開日 2018/11/22 フォーマット PDF 種類

講演資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 440KB
要約
 AIやIoTを活用する次世代ビジネスの普及により、従来システムのクラウド移行の機運が高まっている。その一方で、従来システムが持つ運用の自由度を、クラウド移行後も継続できるのかと懸念を抱く組織も少なくない。

 そうした組織が必要とするのは、クラウドベンダー任せではない、自社業務にあわせてコントロール可能なクラウドプラットフォームだ。既存の業務を担うSoR(Systems of Record)や新規ビジネスに求められるSoE(Systems of Engagement)、そしてデータベースを全てクラウドで運用できれば、人的/金銭的なコストの削減、拡張性などクラウドならではのメリットも享受できる。

 本コンテンツでは、定番データベースであるOracle DBと各種オープン技術、実績豊かなベンダーのノウハウを融合させ、APIでSoRとSoEの自由な連携を実現するクラウドサービスを紹介している。あわせてOracle DBを利用した基幹システムのクラウド移行に関する3つの方法についても解説しているので、併せて参考にしてほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。