ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社シャノン

製品資料

株式会社シャノン

B2Bマーケティングの成果を高める、“顧客中心”リードマネジメントの3ステップ

B2Bにおいて、デジタル/アナログをまたぐ顧客の購買行動を理解するには、「顧客中心」の視点に立った、適切なリードマネジメントが欠かせない。リード情報を効果的に活用し、マーケティング成果を高めるための3つのステップを解説する。

コンテンツ情報

公開日 2018/11/20 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 15ページ ファイルサイズ 762KB

要約

 B2Bにおける顧客の購買行動は、展示会やDM、Webサイトやメールなど、デジタル/アナログにまたがり複雑化している。また、顧客の約7割が購入までの長期的なフォローを必要としているというデータもある。そうした中、顧客の行動を理解し適切なアクションを取るには、リストやメールクリックといった「施策中心」ではなく、誰が/いつ/どうしたという「顧客中心」の情報管理によるリードマネジメントが不可欠だ。

 そのリードマネジメントの最終目標は、“リード情報の活用を通じたマーケティング成果の向上”にある。そのためには、まず複数チャネルから多様な状態で入手されるデータの「集約」、次にデータ置換やカテゴライズによる「クレンジング」を経て、リード情報を「活用」するという、3つのステップが必要だということは理解しておきたい。

 このことから分かるように、リード情報の管理はあくまで手段であり、目的ではない。営業名刺とWebアクセス履歴の組み合わせや、マーケティング施策の評価/分析など、情報をどう活用するのかという視点なしには成功しない。本資料を基に、リードマネジメント成功の手掛かりをつかんでもらいたい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。