ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

SAS Institute Japan株式会社

製品資料

SAS Institute Japan株式会社

オープンソースの長所を活用、多様なデータ資産を一元管理可能な統合分析基盤

アナリティクス資産の一元管理を実現するとして注目される、オープンソーステクノロジーを活用した分析基盤。だが全社規模で活用する場合は、分析環境のサイロ化をはじめ考慮すべき課題もある。それらを解決する統合プラットフォームとは?

コンテンツ情報

公開日 2018/11/06 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 13ページ ファイルサイズ 747KB

要約

 アナリティクスにおいて、商用ソフトウェアやクラウドなど異種パッケージが混在する企業は多い。こうした環境では、データや分析プロセスの信頼性、コンプライアンスの確保、コードベースの取りまとめは難しい。分析結果をモニタリングし業務改善に生かすには、縦割り管理を統一し、アナリティクス資産を一元管理できる環境が必要になる。

 そうした中で注目されるのが、オープンソーステクノロジーの活用だ。柔軟性が高く初期コストがかからないことから、スキル/リソース不足の企業も容易に分析基盤を構築できる。ただし、全社規模で活用する場合は、アナリティクス環境のサイロ化や他人が解釈しづらいコードのまん延など、考慮すべき課題もある。

 だがそうした課題は、オープンソーステクノロジーの長所を取り入れつつ、多様なデータ資産に対して、一貫性、信頼性、反復性に優れた分析環境を構築できる統合プラットフォームの導入で解決可能だ。ガバナンスを確立し一元管理を実現するほか、PythonやRなど言語の柔軟性と分析の自動化というメリットも同時に享受できる。本コンテンツではそれら効果の詳細と、具体的な導入方法を紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。