IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

デル株式会社

技術文書

デル株式会社

Dell PowerEdge R815におけるRHEL 5.5 KVM検証環境構築および検証結果

RHEL5が備えるカーネルベースの仮想化機能、KVM(Kernel-based Virtual Machine)についての評価の結果を記載したホワイトペーパーです。AMD Opteronのマルチコア・プロセッサがどれほどパワフルであるか、Dell PowerEdge R815が備える実力ともにご理解いただけます。

コンテンツ情報

公開日 2010/09/30 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 24ページ ファイルサイズ 262KB

要約

 Red Hat Enterprise Linux 5.4から搭載されている、カーネルベースの仮想化機能、KVM(Kernel-based Virtual Machine)についての評価の結果を記載したホワイトペーパーです。AMD Opteronのマルチコア・プロセッサがどれほどパワフルであるか、Dell PowerEdge R815が備える実力ともにご理解いただけます。

 Intel-VT/AMD-V(仮想化支援機能のついたCPU)を搭載したハードウェアがあれば、RHEL上でKVMを利用するために必要なのは、RHEL 5.4以上にアップデートするだけです。有効なサブスクリプションを持っていれば、追加費用は全く必要ありません。お持ちのサブスクリプションがRHEL 5である場合は、1サブスクリプションでRHEL仮想マシンを4つまで利用可能です。さらに、RHEL 5 AP(Advanced Platform)であれば、1サブスクリプションでRHEL仮想マシンを無制限に利用する事が可能です。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。