ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社ジャストシステム

製品資料

株式会社ジャストシステム

導入企業も意外と知らない、BIツールを“使うべき場面”と“得られる結果”

データの価値を引き出し、正しい戦略に結び付けるには効果的な分析が欠かせない。そこで活用したいBIツールだが、そもそも活用しきれていない企業も少なくない。そこで本資料では、BIツールの活用術を事例も交えて分かりやすく解説する。

コンテンツ情報

公開日 2018/11/05 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 18ページ ファイルサイズ 2.08MB

要約

 BIツールの認知度は国内でも高まってきたが、実際の利用イメージとなると周知されたとは言い難い。例えば代表的な分析手法である「予実分析」では、達成率の数字ばかりが注目されるが、その数字になった理由や改善を目指す上での不足などを掘り下げて分析するには不十分だ。そこで役立つのがBIツールだ。

 BIツールであれば、予算、実績、予実差、達成率などの一般的な数字の他に、部門別、担当者別、顧客別などでのドリルダウン、ダイシング、スライシングも容易に実施できる。好調・不調の原因がどこにあり、その変化はいつからか、また改善策として注力すべき商品・分野といった取るべき戦略が見えてくるのだ。

 予実分析の他にも、ABC分析や在庫分析、購入サイクル分析など多彩な分析機能により、活用しきれなかったデータの価値を引き出せるようになる。本コンテンツは、そんなBIツールの機能から、具体的な活用シーン、成功事例までを包括的に説明するBI攻略ガイドだ。データ活用に悩む多くの担当者にとって貴重な知見が詰まっている。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。