IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本プルーフポイント株式会社

レポート

日本プルーフポイント株式会社

データレポートで学ぶ フィッシング攻撃の現状と最適トレーニング法

組織のエンドユーザーを狙うフィッシング攻撃による被害は後を絶たない。最新の調査レポートをもとに、フィッシング詐欺の傾向や、各社のトレーニング方法を知り、最適なセキュリティ認識トレーニングプログラムを組む必要がある。

コンテンツ情報
公開日 2018/10/29 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 16ページ ファイルサイズ 3.65MB
要約
 組織のエンドユーザーを狙うフィッシング攻撃は、深刻なレベルで依然推移している。セキュリティ部門は、フィッシング攻撃からエンドユーザーと組織を守るために、継続的なセキュリティ認識トレーニングプログラムを実施する必要がある。

 プログラム選定のために役立つのは、やはり調査データだろう。例えば、2017年の最新調査では、フィッシング攻撃を受けた組織の割合は76%と、前年同等であったが、ビッシングとスミッシングは微増、USB経由の攻撃は減少傾向にあるなど、内訳は変化している。また、フィッシング攻撃の識別方法のトレーニングを行っている企業は調査対象のうち95%に上り、その約75%が毎月もしくは四半期に1度トレーニングツールを活用している。

 本コンテンツは、フィッシング攻撃の頻度や影響といったBI、プログラムの成熟性とエンドユーザーに与える影響要因、プロによるフィッシング攻撃への対応、エンドユーザーの意識と新たな脅威、の4部構成を持つ、フィッシング攻撃に特化したレポートになっている。充実の本コンテンツを参考に、是非次のトレーニングプログラムを組み立ててみてほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。