ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

アドビ システムズ 株式会社

レポート

アドビ システムズ 株式会社

9割以上の顧客が不満、メールマーケティングの認識ギャップを埋める方法とは?

顧客中心型ビジネス実現の手段として活用されるメールマーケティングだが、効果を実感している顧客はごくわずかだ。その認識ギャップを埋め、イノベーションのための戦略的資産としてメールマーケティングを活用するためには何が必要か。

コンテンツ情報

公開日 2018/10/23 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 791KB

要約

 顧客中心型ビジネス実現のためのアプローチとして、多くの企業が活用しているメールマーケティング。だが米国で行われたある調査によると、受信したプロモーション用メールに満足している顧客はわずか8%にすぎず、顧客中心型を自負するマーケターとの認識の差が明らかになった。

 こうした状況は、多くのマーケターにメールが差別化要因になるという認識が欠如しており、プロモーションのための使用にとどまっていることから生まれている。真の顧客中心型への変革を実現するには、メールマーケティングの目標を“開封数とクリック数の増加”ではなく“顧客満足度の向上”と定め、イノベーションのための戦略的資産として活用すべきだ。

 そのための具体策としては、テンプレートやコンテンツの常時更新、顧客データの収集によるテストと学習の実施、さらに顧客プロファイルの構築やセグメンテーションといったことが求められるが、果たしてどのように実践していけばいいのか。本コンテンツを基に、顧客中心型ビジネス実現のためのメールマーケティング改善/再構築の方法を検討してほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。