ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

アドビ システムズ 株式会社

製品資料

アドビ システムズ 株式会社

クロスチャネルマーケティングの10の懸念と真実:膨大なデータは扱いきれるのか

多様なコンテンツや複雑な技術の存在により、難しいという印象の強い「クロスチャネルマーケティング」。しかし見方を変えれば、そうした懸念は一掃されるという。10の思い込みを解消し、ビジネスの成功に不可欠な手法である理由を探る。

コンテンツ情報

公開日 2018/10/23 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 14ページ ファイルサイズ 1.53MB

要約

 顧客が購買に至る道筋を線形的な「ファネル」と見なすモデルが通用しなくなった今、複数のチャネルを通じて顧客が求めるエクスペリエンスを提供する「クロスチャネルマーケティング」の重要性が高まっている。だが、チャネルごとの多様なコンテンツや複雑な技術の存在により、困難な手法であるというイメージが強いのも事実だ。

 しかし、見方を変えれば、それらの懸念は一層される。例えば、チャネル数やデータが膨大であるという課題については、全てが必要ではないという視点に立つことで、取捨選択や組み合わせで活路が開けるほか、データ管理プラットフォームの導入で解決する場合もある。また多岐にわたる顧客情報をどう利用するかという問題については、単一の顧客ビューを作成できるツールが有効な解決策となり得る。

 またクロスチャネルマーケティングは効果の測定が困難だとされているが、チャネルごとの貢献度をきめ細かく明確化することでROIやコストは可視化できるという。本コンテンツではこのように、クロスチャネルマーケティングを難しく見せている10の要因をピックアップし、それぞれに反論する形で懸念を解消していく。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。