ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本電気株式会社

事例

日本電気株式会社

ディープラーニングで業務効率化、RAPID機械学習の活用メリット

ディープラーニングを搭載したアプリケーションであるRAPID機械学習は、適用範囲の広さからさまざまな企業の業務に活用されている。金融業や製造業、公共・自治体といった多様な業種の事例を基に、AIや機械学習がもたらすメリットを探る。

コンテンツ情報

公開日 2018/09/13 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 17ページ ファイルサイズ 2.02MB

要約

ディープラーニングで業務効率化、RAPID機械学習の活用メリット
 従来は人が行っていた多様な判断作業を自動化できるAI/機械学習。RAPID機械学習によりAI導入のハードルが下がった今、さまざまな企業で業務課題を解決する手段として適用されている。

 例えば、ある地方銀行とそのシンクタンクでは、専門家によるデータ分析に基づくキャンペーンを行う際、データの取捨選択やノイズ除去作業に時間がかかっていたが、機械学習の導入により分析時間の60%が削減されたという。もう1つの課題であった顧客ターゲティングの精度に関しても、新規購入や乗り換えのターゲットを自動抽出し、高度なターゲティングを行えるようになった。

 本コンテンツでは、そうしたAI/機械学習の活用事例を紹介している。製造業における外観目視検査、公共・自治体での舗装損傷診断、人材仲介業の採用マッチングといった幅広い業務での活用例を基に、AIや機械学習がもたらすメリットを確認してほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。