ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本アイ・ビー・エム株式会社

レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

7段階から成るサイバー攻撃をどう断ち切るか、識者が語る「暗号化の最適解」

セキュリティの最後の砦、データ暗号化。だが、ソフトウェアによる暗号化は利用頻度の高いシステムには負荷が重く、カバーしきれなかった。本資料では、セキュリティ業界識者らの対談を通じて企業が取るべきセキュリティ施策を探る。

コンテンツ情報

公開日 2018/08/31 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 1.34MB

要約

 サイバー攻撃は、事前調査から情報窃取まで7段階のサイバーキルチェーンから成るといわれる。多層防御によって、全ての段階でチェーンを切断する備えを講じることが対策として重要になる。ただ、それでも侵入する手段はゼロではない。そこでキルチェーンの最終段階、情報窃取を防ぐ「暗号化」が最後の砦となる。

 その対象として、重要なデータが集積する基幹システムのニーズが高まっている。しかし、暗号化処理は負荷が高く、利用頻度の高い基幹システムの全データを暗号化することは困難だった。その常識を覆したのが、暗号化専用のハードウェアという選択肢だ。プロセッサのコアに暗号化処理機構を搭載し、パフォーマンスに影響を与えることなく、全データを自動的に暗号化することが可能になった。

 本コンテンツでは、セキュリティ業界識者の対談を通じて、セキュリティ対策におけるハードウェア暗号化機能の優位性を検証している。従来のアプリケーションの暗号化では欠かせなかった調査・検証が不要で、HDD暗号化よりも安全という新たな暗号化方式について、さらに詳しく見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。