IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本アイ・ビー・エム株式会社

事例

日本アイ・ビー・エム株式会社

顧客情報1200万件を守るため、日本生命が選んだ暗号化に強いメインフレームとは

クラウド全盛といわれる昨今だが、多数の個人情報を擁する保険業界では強固なセキュリティを持つメインフレームの需要が旺盛だ。中でも日本生命が採用した製品は、ハードウェアが暗号化機能を持ち、セキュリティと柔軟性を両立するという。

コンテンツ情報
公開日 2018/08/31 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 658KB
要約
 保険業界大手の日本生命は、長期にわたる保険契約を管理する基幹業務システムを、これまで一貫してメインフレームで稼働させてきた。保管される顧客情報は、実に1200万件に上る。これまで、データはソフトウェアで暗号化してきたが、レスポンスやリアルタイム性を考えると日々増大する情報セキュリティリスクに対応しきれない懸念があった。

 その点、ハードウェアの機能でアプリケーションを暗号化できるメインフレームは魅力的に映った。海外で要求される高いセキュリティ水準をクリアできるだけでなく、アプリケーションの開発・運用におけるセキュリティ対策の負荷軽減にもなる。重要な契約情報のオンプレミスでの保管を堅持する同社にとって、将来の強みになると直感した。

 といっても同社もクラウドとの連携は強く意識している。採用したメインフレームは外部システムと連携するためのAPIが用意されており、重要なデータを外部に持ち出すことなく、リアルタイムの活用が可能なのだ。強固なセキュリティと柔軟性を併せ持つ同社のメインフレーム環境を、本資料で詳しく見ていこう。