IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ヴイエムウェア株式会社

事例

ヴイエムウェア株式会社

ハードウェア台数を4分の1に削減、ウツエバルブサービスに学ぶストレージ仮想化

VMware vSphere環境における部分最適化とコスト増大が課題となったウツエバルブサービスは、全基幹系業務システムを集約すべく仮想基盤へと移行した。ハードウェア台数やコストを4分の1にまで削減した、同社の新ストレージ環境とは?

コンテンツ情報

公開日 2018/08/22 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.62MB

要約

 発電所やプラント設備のバルブメンテナンスを手掛けるウツエバルブサービス。同社では「VMware vSphere」環境を導入し社内データセンター内で運用を行ってきたが、部署や業務ごとに部分最適化が進み、インフラ運用管理が複雑化。データセンターの運用コスト増大も課題となっていた。

 そこで抜本的なシステム刷新を行うこととなったが、最初に検討したクラウド移行という選択肢にはコスト面でメリットを感じられなかったという。そこで柔軟性に優れ、運用負荷の低い「VMware vSAN」による、ストレージ仮想化を検討。要件を十分に満たすだけでなく、旧システム導入時よりも初期コストを圧縮できることが分かり、採用に踏み切った。

 そのvSANを採用した新たな仮想基盤へ移行し、全ての基幹系業務システムを集約した結果、ハードウェア台数やコストは移行前の4分の1まで削減された。他にもシステム管理者のストレス軽減やレスポンス向上など、期待以上のメリットを感じているという。本資料では、同社のvSAN導入による仮想化基盤の効果を詳しく解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。