ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

Splunk Services Japan

レポート

Splunk Services Japan

IT運用やセキュリティ、医療研究──AI・機械学習の最前線で起きていること

企業内のマシンデータを“燃料”としてビジネスの動力に変えるAI・機械学習。IT運用向けの人工知能「AIOps」など企業内での活用も進んでいる。本資料では、年々期待が高まるAIや機械学習の最前線を探った。

コンテンツ情報

公開日 2018/08/10 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 2.28MB

要約

 近年、人間を超える技術としてAIや機械学習を取り上げるニュースが散見される。期待される効果は幅広く、ビジネスインサイトを引き出し、多様な業務の所要時間を短縮し、プロアクティブなアプローチによって大量のリソース消費を回避できるという。では、活用企業の最前線では実際に何が起きているのだろうか。

 AI・機械学習による変化の波を受けた分野の1つに、IT運用がある。AIと機械学習、そしてビッグデータを統合したAIOps(IT運用向けの人工知能)によって、IT運用のさまざまなプロセスやタスクを改善・刷新できるシステムが登場し始めた。可用性やパフォーマンスの監視、イベントの相関付けと分析、ITサービスの管理と自動化などを劇的に少ない負担で、スピーディーに実行できるようになる。

 同様に、セキュリティや医療研究、マーケティングなど、AIと機械学習が存在感を増す分野は急速に広がっている。これらの技術は企業が自社のマシンデータから答えを導き出す上で、今後ますます重要な役割を担うだろう。本資料で、AIと機械学習の最新トレンド、そして企業が獲得しうるメリットをレポートする。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。