ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

arcserve Japan合同会社

製品資料

arcserve Japan合同会社

短時間で運用を開始でき、IT人材不足でも運用できるバックアップ環境を構築する

企業規模を問わず、バックアップ/リカバリー環境の構築は重要なタスクだ。求められるのは、短時間で運用を開始でき、IT人材不足の拠点でも利用できる環境だろう。その実現を容易にする、仮想化環境の活用方法を紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2018/08/10 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 35ページ ファイルサイズ 2.86MB

要約

 単体サーバで構成される小規模なコンピューティング環境でも、複数サーバで構成される大規模なコンピューティング環境でも、簡単で手頃なバックアップ/リカバリー機能が求められるのは変わらない。短時間で運用を開始でき、しかもバックアップ運用管理者が手薄な拠点や小規模部門でも安心して利用できるリカバリー環境を整備したい。

 その実現を容易にするのが、仮想化環境を活用する方法だ。バックアップ対象のマシンを仮想変換し、仮想化環境に仮想マシンとして作成することで、マシンを用意する時間や、データをリストアする時間を排除し、障害からの復旧時間を大幅に短縮できる。もちろん、初回の仮想変換以降も、スナップショットを追加していくことで常に最新のバックアップが可能になる。

 本資料では、定番バックアップ製品を活用して、VMware vSphere環境での復旧時間を短縮する方法を、実際の操作画面を交えつつ解説する。仮想マシンでの代替運用など、緊急時の選択肢を広げる復旧効率化のテクニックについて、詳しく見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。