ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社ジャストシステム

レポート

株式会社ジャストシステム

3系統で進化を見せるBIツール、気になる主要ベンダーの動きは?

BIツールの新たな可能性を切り開く「ビッグデータディスカバリ」。一般企業のデータ活用ニーズを受けて登場した新たな製品領域に、BIベンダーはどう対応しているのか。その動きからBIツールのトレンドを探る。

コンテンツ情報

公開日 2018/08/07 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 390KB

要約

 BIツールは、セルフサービスBIのように業務部門が利用するものと、データサイエンティストらが利用する高度なものの二極がある。その中間を埋めようと台頭したのが「ビッグデータディスカバリ」と呼ばれる製品領域だ。データ領域としては構造化データからビッグデータまでをカバーし、機能面では分析を高度化することで、データ分析における縦と横のニーズに対応する。

 この領域に対し、近年のBIツールベンダーは取り組みを活発化させてきた。その背景には、一般企業の「データ活用に対するニーズを包括的に満たせる単一プラットフォームがほしい」という声がある。ビッグデータや非構造化データ、構造化データなどとデータの種類ごとにツールを使い分けるのでは、分析担当の負担が大きく、スピーディーな分析も難しい。

 では、ベンダーはどう対応しようとしてきたのか。本資料では、データディスカバリ系、データサイエンス系、ビッグデータ系の3つにベンダーを分類し、その動きを解説している。今後のBIツールのトレンドを読むヒントとなるだろう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。