ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

ヴイエムウェア株式会社

事例

ヴイエムウェア株式会社

800以上の仮想マシンが稼働、アットホームに聞くストレージコストの削減方法

仮想化基盤の整備を進めてきたアットホームは、仮想環境で利用している共有ストレージの導入・運用コストに課題を抱えていた。「サーバマシンの調達がそのままストレージの調達を意味する」という、同社の仮想化基盤の秘密に迫る。

コンテンツ情報

公開日 2018/07/30 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.05MB

要約

 全国5万店を超える加盟店を中心に不動産情報サービスを提供するアットホーム。そのスピーディーな事業展開をサポートするために仮想化環境を整備してきたが、同社の仮想化基盤には1つの大きな課題があった。それは、仮想化環境で利用している共有ストレージの導入・運用コストの増大だ。

 一般的に専用ストレージ製品は高額で、柔軟性に欠けるため、導入時の設計が煩雑になりがちだ。調達にも時間がかかり、運用には高度なノウハウが要求される。また、最新のストレージを最大限に活用するには、それに適した最新のサーバが必要だ。しかし、サーバを更改すれば、そのパフォーマンスを発揮できる最新のストレージが求められる。この不整合を解決する手段や技術を探していた。

 本コンテンツでは、同社が実践した仮想化基盤におけるストレージコスト削減施策の変遷をたどる。ホスト3台に「VMware vSAN」を導入し、テスト環境での活用からスモールスタート。800VM以上の仮想マシンの内、現在では5分の1がVMware vSAN環境で稼働している。「サーバマシンの調達がそのままストレージの調達を意味する」という現在の環境をどうやって構築したのか? そしてコストと運用負荷の削減効果とは?

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。