IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

日本アイ・ビー・エム株式会社

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

「3つのハイブリッド」に対応せよ──機械学習・AI時代のデータ蓄積基盤構築

データのビジネス価値を最大化するためには、本稿で解説する「3つのハイブリッド」への対応が不可欠だ。市場にはそれぞれの要件に最適化されたデータベースは存在するが、これらをまとめて解決するデータ蓄積基盤の作り方とは?

コンテンツ情報

公開日 2018/07/27 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 13ページ ファイルサイズ 6.36MB

要約

 「データやデータ分析をビジネスに活用できているのは、わずか15%の企業」「世の中にあるデータの90%がGoogleで検索できない、企業の手元にあるデータ」……。こうした状況で、企業のデータ活用を促進するデータ蓄積基盤を作るには、以下「3つのハイブリッド」への対応が求められている。

1.ハイブリッドデータ
2.ハイブリッドデプロイメント
3.ハイブリッドワークロード

 構造化・非構造化などにとらわれず、他社データベースであろうがどこに保存されているかは関係なくデータを活用できるようにする必要がある(ハイブリッドデータ)。また、オンプレミスとクラウドの両方をうまく活用し、最終的にはクラウドネイティブ化まで徐々に移行できるように支援するデータ活用環境でなければならない(ハイブリッドデプロイメント)。さらには、ワークロードの種類でデータベースを分けず、分析系とトランザクション処理の両方を1つの場所で処理できなければならない(ハイブリッドワークロード)。

 市場には上記それぞれの要件に最適化されたデータベースは存在するが、これをまとめて解決するデータ蓄積基盤を構築するにはどうすればいいのか? 分かりやすく解説していこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。