ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社ネットワールド

製品資料

株式会社ネットワールド

オンプレミスにあるvSphereの最適な移行先はどこか?

仮想化環境のクラウド移行で懸念となるコストの課題は、タスク代行サービスの普及により解消されつつある。この流れのなか、重要性を増しているのが、「リフト&シフト」による効率のよい移行を実現するクラウドサービスだ。

コンテンツ情報

公開日 2018/07/13 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 1.06MB

要約

 パブリッククラウドの利便性が広く認知されたことにより、それまでオンプレミスで運用してきた仮想化基盤をクラウドへ移行することへの関心が高まっている。その一方で、クラウド移行によるコスト増大を懸念する声も少なくない。

 従量課金制によるクラウド利用は、長期利用でオンプレミスの運用コストを上回るように見えるからだ。しかし、運用タスクを代行するサービスの普及により、データセンター運用におけるトータルコストを圧縮できるケースが増えており、コスト面の懸念も解消されつつある。

 このようなクラウド移行の新たな流れのなかで注目され始めたのが、利用中のアプリケーションに変更を加えない、あるいは一部の変更のみにとどめる「リフト&シフト」のアプローチだ。本コンテンツでは、リフト&シフトに適したクラウドサービスの中でも「変更ゼロ」でのVMware環境移行を強みとする注目のサービスを紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。