IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本アイ・ビー・エム株式会社

事例

日本アイ・ビー・エム株式会社

ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は?

ハイパーコンバージドインフラの運用において、Oracle DBなどのライセンスコストがCPUコアごとに掛かることで悩む企業は多い。そこで注目したいのが、化粧品OEMメーカーのトキワが、システムのコストダウンと性能向上を両立させた手法だ。

コンテンツ情報
公開日 2018/07/10 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 884KB
要約
 OEMの化粧品の開発、製造を行うグローバル企業であるトキワでは、ITシステムのイノベーションを推進するため、先進テクノロジーを採用してきた。しかし、生産、販売、原価の管理システムが稼働するx86サーバは、これからの業務拡大を見据えると限界を迎えていた。

 そこで目を付けたのが、サーバやDBなどの機能を1つに統合し、管理ツールによって一元管理できるハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。しかし、x86のブレードサーバ上でHCIを実現すると、全てのCPUコアがライセンスの課金対象となり、Oracle DBのライセンスコストなどが高くつく。

 そこで、同社が課題解決策として選んだのがオールフラッシュストレージの導入だった。それでは、実際にどのようなアプローチでこの課題を解消したのだろうか。同社の事例から、システムのコストダウンと性能向上を両立する秘訣を探る。