ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本アイ・ビー・エム株式会社

事例

日本アイ・ビー・エム株式会社

横浜銀行が実践、「会えないお客さま」に効果的にアプローチする仕組みとは?

人々の銀行の利用スタイルが変化し、顧客接点(チャネル)が多様化する中で、「オムニチャネルマーケティング」のシステム構築を実践した横浜銀行。同行は「最適な提案を適切なタイミングで届ける」仕組みをどうやって作ったのか?

コンテンツ情報

公開日 2018/06/20 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 527KB

要約

 ATM、インターネットバンキング、電話など、窓口以外の顧客接点(チャネル)を活用したマーケティングの強化に取り組む横浜銀行。しかし、チャネルごとのマーケティングでは似たお客さまにプロモーションが集中し、またキャンペーンの運用もチャネル同士の連携が困難で、より効果を上げるために「オムニチャネルマーケティング」の必要性を感じていた。

 システム化の要件としては、複数チャネルからのインバウンド情報を総合的に一元管理し、それぞれのお客さまに対して最適な商品を即座に判断できることが重要となる。また、チャネル横断的なキャンペーンを実現するには、資金決済取引にかかわる基幹システムとの連携が必要だ。この部分には絶対的な信頼性とセキュリティが求められる。当然、性能も妥協できないポイントで、各チャネルの総ピーク取引件数を要求時間内で処理するスピードを求めていた。

 こうした要件にかなうシステム導入の結果、ATMのプロモーション情報の閲覧など特定のイベントが発生したお客さまへのアウトバウンドからは、過去他チャネルのデータと比べて4倍の商品申込率を達成したという。横浜銀行が構築したオムニチャネルマーケティングの仕組みを詳しく見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。