ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

Commvault Systems Japan

製品資料

Commvault Systems Japan

急増するデータ対策の最適解、包括的データ保護がもたらす「7つのメリット」

データ量の急増に伴って、データ管理の複雑さは増す一方だ。このため従来の手法では、24時間常時稼働の環境を低コストで効率よく管理したいというニーズには応えられない。その実現には、データ管理にどう取り組めばよいのだろう。

コンテンツ情報

公開日 2018/06/13 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 302KB

要約

 データの急増は、その保護に必要なバックアップ、リカバリー、オペレーションの複雑化を招く。結果としてIT部門の負荷は増え、多くの時間と予算が必要になる。さらに、冗長データのまん延も招き、ネットワークやストレージ、管理リソースへのさらなる負荷としてIT部門の頭を悩ませることになる。

 その解決には、単一プラットフォームをベースに、包括的なデータ保護を実現する必要がある。そうなれば、ディスクアレイやテープデバイス、クラウドなどのデータを統合管理するとともに、スクリプト作成などの管理プロセスを自動化してオペレーションの複雑さを軽減できる。さらに、データの重複排除やデータ移動の最適化により、冗長データのまん延も防げるのだ。

 本資料では、データ管理の複雑化と非効率を軽減する包括的データ保護アプローチの7つのメリットを紹介する。バックアップやアーカイブ、レポートの所要時間を50%削減するなど、増え続けるデータ管理環境を一変させるアプローチの効果を詳しく見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。