ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社ジャストシステム

事例

株式会社ジャストシステム

受注額と完成工事高など建築業界特有の数字を見える化した、柔軟なSFAとは?

三建設備工業は受注管理システムに課題を抱えていた。建築業界特有の数値管理へ対応できていないことに加え、長年の運用により保守の属人化が進んでしまった。それを解決したのが、プロトタイプから柔軟な作りこみが可能なSFAだという。

コンテンツ情報

公開日 2018/05/17 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.01MB

要約

 環境負荷に配慮した屋内施設施工を手掛ける三建設備工業では、内製の受注管理システムに課題を抱えていた。10年に渡る運用で保守管理が属人化したほか、受注高と完成工事高を別管理するという建築業界特有の数値管理に対応しきれず、Excelを併用するなど余計な作業負担が発生していた。解決手段としてSFAの導入を検討したものの、今度は大幅なカスタマイズが課題となってしまう。

 その悩みを解決する糸口となったのが、プロトタイプをベースに柔軟に要望を取り込めるSFAパッケージだった。要件定義に時間をかけるのではなく、各支店の代表者によるプロジェクト会議で問題点の改善を逐次進めることで、現場に即したカスタマイズを低コストで実現できる。実際に稼働したシステムは、これまでExcelの手作業で集計していた業績値をボタン1つでリアルタイムに確認できるなど大幅な効率化に成功したという。

 こうした業務効率以外にも、選別受注が容易となることで、建築業界が悩んでいる人手不足問題の軽減にも役立つ効果が得られると期待されている。課題解決だけでなく、経営管理へと活用場面を広げるSFAパッケージを、同社の事例とともに紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。