ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

インフォマティカ・ジャパン株式会社

レポート

インフォマティカ・ジャパン株式会社

多様化する環境、急増するデータ量……データ管理の課題をどう解決する?

企業が利用するデータは、オンプレミスやクラウドなど多様な環境に分散し、その量も急増している。必然的に立ちはだかる複雑化という課題に対処するには、環境を問わずデータに効率的にアクセスできる新たなアプローチが必要だ。

コンテンツ情報

公開日 2018/05/17 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 2.4MB

要約

 ビッグデータやIoT、ソーシャルメディアフィードなど、企業が使用するデータソースは多様化している。加えて、これらのデータは、オンプレミスやクラウド、ハイブリッドクラウドなど稼働環境もさまざまで、データの監視と管理は複雑化の一途をたどっている。

 そこで注目されているのが、Microsoft Azureのようなクラウドプラットフォームへの移行と、データ管理機能の高度化を組み合わせるアプローチだ。クラウド化により経済性と拡張性が高まるのはもちろん、クラウド・オンプレミスを問わない多様な環境のデータを一元的に管理できるようになる。

 今後増えるだろうハイブリッド型のデータウェアハウジング環境では、必要なデータとアプリケーション以外をオンプレミスからクラウドに移行することで、コスト削減を図りながら、ハイブリッド型ならではのいいとこ取りを実現したいところだ。本資料で、データ管理の課題と、その効率的な解決策を確かめてほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。