ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

トレンドマイクロ株式会社

事例

トレンドマイクロ株式会社

侵入後の被害を最小化、福井県済生会病院の医療サービスを止めない脅威対策

IT環境の整備に積極的に取り組む福井県済生会病院。同院はさらなる高次元のセキュリティを実現すべく、エージェントレスのセキュリティ対策で強化したマイクロセグメンテーション環境を構築した。事例からその背景と導入効果を読み解く。

コンテンツ情報

公開日 2018/05/17 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 872KB

要約

 地域の公的病院として、住民に質の高いサービスを提供し続けている福井県済生会病院。同院では以前からIT環境の整備に積極的に取り組んでおり、それを支えているのが、ネットワークセグメントを分けて運用する一般業務用の「情報系システム」と、電子カルテなどを扱う「医療系システム」という2つの基盤だ。

 現在では、脅威はさらに巧妙化しており、水際で全ての脅威を止めることは不可能に近い。今後のリスク管理は、侵入されることを前提とし、いかにその被害を最小化するかという段階に移りつつある。同院はそれを念頭に、ネットワーク仮想化プラットフォームを軸にしたマイクロセグメンテーションの仕組みを導入した。

 本コンテンツでは、仮想マシン単位という最小セグメントごとにファイアウォールを設置し、さらに侵入した脅威の迅速な検知、対応を可能にする環境を構築した福井県済生会病院の事例を紹介している。エージェントレスの統合セキュリティソリューションで強化したマイクロセグメンテーション環境は、システム全体のパフォーマンス向上にも大きく寄与したという。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。