IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

デル・テクノロジーズ株式会社

技術文書

デル・テクノロジーズ株式会社

仮想化時代に求められるストレージ運用管理の自動化

ITインフラの効率化と運用管理コスト削減が求められる現在、自動化へと向かうストレージの進化

コンテンツ情報
公開日 2010/03/05 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 3.82MB
要約
現状のIT投資は、約70%が既存システムの維持・運用に利用されており、ITの予算が全体的に減少している中で戦略的なITの試みを行うには、如何に維持・運用にかかるコストを減らすかがカギとなる。そのため、既存のリソースを最大限に効率化して無駄のないITの利用が求められている。その代表的な手段であるサーバの仮想化は、サーバを統合してリソースを効率よく利用しようという考え方だが、情報を管理するストレージにおいては従来より統合の考え方は存在し、使われてきた。

では、この仮想化の時代にストレージはどのように進化するのだろうか。それは自動化だ。

今後ストレージの進化は、サービスレベルを向上させながら最適なデータ配置を自動で行える「自動階層化」、更に小さなデータの単位で階層化が可能な「微細化」、データ量を自動で削減できる「自動減量」、加えて省電力化を促進する「自動節電」、消去やアーカイブ、社外クラウドへの移動などを自動化する「情報ライフサイクル自動化」と進んでゆく。
これらの自動化技術をFASTと呼んでいる。ここではFASTの最初のステップである自動階層化技術を紹介する。