IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

インターシステムズジャパン株式会社

技術文書

インターシステムズジャパン株式会社

インメモリDBに代わるソリューション: オブジェクトDB CACHE

高速処理が必要なアプリでは、メモリDBを使用する場合が多いが、一方、大量データの取扱い、ハードウェア、拡張性などの制約がある。オブジェクトDB InterSystems Cache は、メモリDBに匹敵する性能を実現し、これまでのメモリDBの課題を解決するソリューションである。

コンテンツ情報
公開日 2010/03/08 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 276KB
要約
単独のコンピュータで稼動しているアプリケーションから、相互接続された大規模グリッドまで、従来のリレーショナル データベース アプリケーションのパフォーマンス上の制限の克服には、インメモリデータベースを使用してデータアクセスを高速化することが一般的だ。インメモリデータベースとキャッシュ製品を使用することで確かにスループットは上がるが、一方で大量のデータの取扱い、過大なハードウェア要件、スケーラビリティの面での制約など、数多くの制限が生じる。

InterSystems Cache は、独自のアーキテクチャをもつ高性能オブジェクト データベース。Cache は、インメモリデータベースに匹敵するパフォーマンスを発揮するだけではなく、データ損失のない永続性、大規模データへの高速アクセス、高拡張性、オブジェクトからの同時アクセス等多くの利点を有する。このホワイトペーパーでは、大量のデータに高速にアクセスを必要としている企業にとって、Cache がインメモリデータベースに代わる有力なソリューションである理由について説明している。